SHIZUOKA cloud lab

テレワーク構築プラン

テレワーク構築プランとは?

テレワークに必要なツールの導入、ワークフローの構築を実施するプランです。 テレワークのスタンダードツールとして、「チャットツール」「オンライン会議ツール 」「オンラインストレージ」「オンラインタスク可視化ツール 」の導入支援から、定着支援のサポート業務を1年間実施致します。 使用するツールについては、企業の業務スタイルに合わせて選定をさせていただきます。

プラン内容

チャットツール

会話のやりとりをオンライン上で手軽に行うチャットツールです。やりとりが見える化されるため、社内の情報格差を少なくすることができます。

オンラインミーティングツール

オンラインで相手の顔をみながら複数人で会議、打ち合わせを行います。資料や自分が見ている画面を相手にも見せることができます。

オンラインストレージ

クラウド上にファイルの保管場所をつくります。クラウド上にあるので、いつでもどこでも最新のデータを閲覧・編集することが可能です。

環境設計・初期構築

各種ツールの初期セットアップや連携、アカウント準備やセキュリティ設定を行います。

コンサルティング

各種ツール導入後の運用や操作のサポート、運用中にネックになる部分の改善策のご提案を行います。

導入S T E P

業務ヒアリング

業務フロー設計

業務マニュアル等書類作成

クラウド上での構築(1ヶ月程度)

利用開始〜定着支援サポートの開始(1年間)

例えばこんなケース

対象企業

イベントやセミナーを広告会社と定期的に実施するA社

目的

関係各社との情報共有のスピードを向上させて、余計な共有作業をなくす

実施概要

メールでのコミュニケーションをslackのワークスペースに変更し、関係者が会話を見えるように設計

会議はZoomベースで実施をできる体制を構築し、会議予約管理はkintoneで実施

今まで広告データなどの最新版がメールなどでやりとりさせて消えていってしまっていたので、DropBoxへの保管を実施しバージョン管理体制を構築

メールでのファイル添付も取りやめDropBoxでリンクを生成し、ブラウザでの共有を徹底

クローズなオンラインストレージを使用していたが、関係各社への閲覧の利便性を考えDropBox Businessへの移行

社内情報共有をkintoneで実施し、ホワイトボードやエクセルの日報も切り替え

月に1回の定期ミーティングでkintoneをはじめアプリの改修と定着支援の為の戦略会議実施

プランお申込み

まずは下記リンクより無料相談をお申込みください。
お申込み後、担当よりご連絡をさせていただきます。