SHIZUOKA cloud lab

トムスが実践する経理・会計業務の効率化!

Writer:伊東貴弘
2021年3月18日

クラウドラボを運営するトムスの『攻めのバックオフィス部』に所属している伊東です!

一般的にバックオフィスの業務では経理・人事・法務とありますが、その中でも請求書・領収書の対応や給与計算等々、日々発生する経理業務は大変ですよね。

もちろん攻めのバックオフィス部でも日々の経理業務に取り組んでいますが、「会計freee(フリー)」というクラウドツールや「kintone(キントーン)」というプラットフォームを用いて、経理業務の効率化を図っています!

今回はそれらを用いて攻めのバックオフィス部が行っている経理・会計業務の効率化方法ついてご紹介します!

会計freeeとは

会計freeeは、経理・会計の事務作業を一元化・自動化し、負担を軽減するクラウドツールです!
経理・会計の一部作業をfreeeが自動で行うため、入力の手間が減ることで日々の作業を効率化することができます。

また、自動的にレポートがつくられ、リアルタイムで数字をチェックすることができるので、素早い経営の意思決定ができたり、freeeを使うことで仕事が形式化されたりするので、経理担当が変わっても同じように仕事ができ、属人化を防ぐこともできます。

< 会計freee説明動画はコチラ>

トムスではこの「会計freee」を用いて経理処理をしています。

会計freee活用方法

攻めのバックオフィス部では会計freeeの上記のような基本機能を利用して、帳簿の作成・整理や現預金の出納管理等行っています。他にも下記のような形で日々の経理・会計業務の効率化やリモートワーク推進のための活用を図っています。

リモートワーク先・外出先での経費精算作業や請求書の確認

会計freeeでは、レシートを撮って日付や金額を入力すれば簡単に経費精算をすることができます。そのため、会計freeeをスマホにアプリとして入れ込んでもらい、従業員各自にリモートワーク先や外出先で経費の入力をしてもらっています!
また、郵送で会社に届いた請求書を攻めのバックオフィス部にて開封してスキャナーにてデータスキャンを行い、会計freee内にそのデータを格納して各担当者に通達して、こちらもリモートワーク先や外出先でも請求書を確認してもらったり、請求金額の入力等してもらっています!

以上のような取組により、従業員がリモートワーク等しやすい環境を整備し、従業員が出社して経費精算や請求書確認する負担を減らしています!

会計freeeとkintone連携による経理・会計業務の効率化

攻めのバックオフィス部では上記で紹介した会計freeeの機能に加えて、以前記事で紹介した「kintone(キントーン)」という業務を効率化・改善するプラットフォーム(以前紹介した記事はコチラ)と連携させて、更なる経理・会計業務の効率化にも取り組んでいます!

実践していることの1つとして、「kintone(キントーン)」内で各案件(クライアント)ごとに発生した仕入や売上の金額を担当者に入力してもらい、それらの金額が会計freeeに反映されるよう設定しています!

<kintone上での仕入・売上等管理画面>

なお、kintoneでは、経理・会計に限らず、用途に応じて様々なツールと連携させて業務の効率化を図ることができます。

会計freee活用による経理・会計業務の効率化に関して、今回の記事での紹介は一部となっているため、また随時記事でアップしていきます!

今回の会計freeeを含むクラウドツールや、バックオフィス業務の効率化等でご不明点・ご相談したいことがございましたら、クラウドラボまでお気軽にご連絡ください!
お問い合わせ先はコチラまで!お電話でも受け付けています!(㈱トムス Tel: 054-201-9323)

Twitterでもトムスの様々な情報を発信しています! フォローよろしくお願いします!
Twitter⇒【公式】発展途上法人 トムス(@toms_shizuoka)