SHIZUOKA cloud lab

トムスが実践する労務管理・給与関連業務の効率化!

Writer:伊東貴弘
2021年3月12日

クラウドラボを運営するトムスの『攻めのバックオフィス部』に所属している伊東です!

リモートワークが推進されるにあたり、従業員がどれくらい残業しているか、適切に休憩時間を取っているか等、従業員の労働時間の確認や管理を行うことが難しいと感じている管理職や総務の方々も多いのではないでしょうか。

攻めのバックオフィス部でも従業員の労務管理やそれに伴う給与計算業務等に取り組んでいますが、「人事労務freee(フリー)」というクラウドツールを用いて、リモートワークをしている従業員の勤怠管理や給与計算業務等の効率化を図っています!
今回はこの取組に関してご紹介します!

人事労務freeeとは

< 人事労務freee説明動画はコチラ>

人事労務freeeは、勤怠管理・給与計算・年末調整・入退社手続きなどの労務業務が一元化され、それらの業務負担を軽減するクラウドツールです!
勤怠管理・給与計算等の一部作業を人事労務freeeが自動で行うため、入力や計算の手間が減ることでそれらの作業を効率化することができます!

人事労務freee機能を活かしたトムスによる労務管理・給与関連業務の効率化

攻めのバックオフィス部では、この人事労務freeeを用いて下記実践しています!

①リモートワーク化での勤怠内容の可視化

人事労務freeeでは、従業員自身が簡単に勤務時間をfreee上で入力できます。そのため、人事労務freeeをスマホにアプリとして入れ込んでおけばリモートワークでもスマホ上で打刻できるので、トムスでは従業員各自がスマホ上で打刻し、出社する負担を減らしています!

< 人事労務freee打刻画面>

また、勤務時間のみならず、有給・代休の残日数もfreee上で入力して可視化しているので、攻めのバックオフィス部としては、リモートワークをしている従業員の月々の労務管理もしやすいです!

②給与計算の効率化と給与明細のオンライン化

人事労務freeeでは、給与にかかる税金や社会保険料などの金額が自動計算されます!そのため、法改正による税率・保険料率の変更時も安心であり、非常に効率的に給与計算ができています!
また、人事労務freee上で給与明細の確認ができるため、トムスでは従業員各自がスマホ上でアプリから自身の給与を確認しています!そのため、給与支払のたびに給与明細を印刷して従業員に配布するコストを削減しています!
なお、給与の支払日が近づくと自動的にメールでお知らせがされるよう設定しているため、各従業員に対してメールを打つ手間を省くと同時に、給与明細の発行漏れを防止し、安心して業務を進めることができています!

以上のように、攻めのバックオフィス部では人事労務freeeの機能を用いて労務管理・給与関連業務の効率化を図っています!

今回の人事労務freeeを含むクラウドツールや、バックオフィス業務の効率化等でご不明点・ご相談したいことがございましたら、クラウドラボまでお気軽にご連絡ください!
お問い合わせ先はコチラまで!お電話でも受け付けています!(㈱トムス Tel: 054-201-9323)

Twitterでもトムスの様々な情報を発信しています! フォローよろしくお願いします!
Twitter⇒【公式】発展途上法人 トムス(@toms_shizuoka)